2011年6月アーカイブ

 昨日、玉島黒崎にある、沙美の海水浴場が海開きしました。
 まだ梅雨明けしてないのですが、真夏のような暑さで、海で泳ぐ子どもたちがとても気持ちよさそうに見えました。
 
 寄島町は、海に面しているのですが、正式な海水浴場はないので、一番近くというと、沙美になります。沙美の海水浴場は、歴史も古く、「日本の渚百選」にも選ばれているそうです。
 穏やかな瀬戸内の島々の景色が望める、とてもいいところです。
 
 こんなに近くに海水浴場があるのに、最後に水着を着たのは、いつだったかな・・・?

 梅雨らしいじめじめした天気が続くので、晴れやかな話題をひとつ。
「晴れの国」岡山というキャッチフレーズが、最新のデータで実証されました。
 昨日の山陽新聞の記事によりますと、降水量1ミリ未満の日数は、年間276.8日で、全国1位だそうです。
 広島は4位、香川は7位で、瀬戸内地方の穏やかな気候が裏づけされました。

 しかし、意外なことに、年間日照時間の方は、2030.7時間の14位ということで、10位以内に入ってないんです。ここ浅口市に限れば、日照時間はもっと長いと思うのですが。

 「晴れの国」のおかげで、桃やぶどうなどのくだものもおいしいですし、災害も少ない土地柄です。また、これからは、この特色をいかして、太陽光発電のも、とりくんでいこうという思惑もあるようです。
 天から降りそそぐ無限のエネルギー。利用しなければもったいないですよね。

 この夏の合言葉です。6月1日の衣替えのニュースで話題になりました。某官庁の赤のアロハシャツはおどろきでした。ここまでやってこそ、スーパーか!
 
 来社される営業マンも、ノーネクタイは当たり前で、蒸し暑い梅雨時、日本に適したファッションではないかと思います。
 倉敷市では、市議会にあたり、地元のメーカーが作った白いポロシャツならOKということで、なかなかいいアイデアだな、と思いました。代金の一部は、義援金になるそうですし。

 当社としましては・・・、作業場内では決まられた制服を着なければならないですし、クールビズとはいきません。夏場忙しい業界ですし。
 事務所の冷房温度をいつもより、上げるくらいですかね。ちなみに、今年はまだ使っていませんよ。

アーカイブ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31