2013年7月アーカイブ

夏会期が7月20日から始まりました。

いろんな島が参加しています。

豊島、男木島、女木島、伊吹島、小豆島。このような機会がなければ名前もしらないような島や、過疎に悩む島を、「アートの島」として蘇らせた手腕は、すばらしい!と思います。

残念ながら寄島町は、「島」の文字はついていても陸続きなので参加できませんが・・・。

 

アートを楽しむのはもちろんですが、瀬戸内の新鮮な食材をいかした「島ごはん」やカフェもいろいろあって、そちらも楽しめそうです。

そして、ギラギラした夏の太陽と、瀬戸内の島々の景色は最高。きっと元気をもらえると思いますよ。

7月8日に、平年よりずいぶん早く梅雨明けしました。

その2日後の朝、今年はじめてのせみの鳴き声をききました。

 

素晴らしい察知能力です。地中の中から「梅雨があけたぞ。」「夏本番になったぞ。」と感じてでてくるのでしょうから。

6月の前半も気温が高い日が続き、ひょっとしてせみでも出てきやしないかしら、と思ったものですが、その時は出てくることはありませんでした。

 

何匹かの先陣が出動して、テレビの天気予報でも偵察しているのかしら、なんておもってしまいます。

扇風機といえば、羽がついて、くるくる回って、風を送ってくれるもの、という概念でしたが、近ごろの扇風機は、とってもおしゃれなデザインに進化しているようです。

 

まず、とってもスリム。置き場所もとらないし、洋風の部屋にもすんなりとけこめそう。

羽がないので、掃除が楽そう。これは、横着者の主婦には(私のことです!)うれしい。またけがの心配もないですよね。

それからイオン粒子を放出するすぐれものもあるとか。

 

その代り、価格は少々お高め。3万円前後から4万円台。

我が家は去年夏の終わり、こわれたので急きょ買いなおしました。

従来のタイプで、3千円台だったかな・・・?

当分は昔ながらの扇風機とのお付き合いです。

アーカイブ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31