雑記

7月から生レバーが食べられなくなると大騒ぎしていますが、生の魚は食べても、肉類はほとんど食べない私としましては、日本人はいつからそんなに、生の肉食人種になったのだろうと思っていました。

すると、今日のニュースでやってました。万葉集に記載があるそうですね。

「いのししの、生の肝を天皇に献上する・・。」というくだりがあったそうです。なんでも位の高い人が肝のような生命エネルギーの高いものを食べると、より、力が高まるという思想があったそうです。

おそれいりました。「食は力なり」なんですね。

考えるに、今の私たちは、工業製品のように加工されたものを当たり前に食していますよね。そうなるとだんだん、生命エネルギーも低くなるんですかね。

生レバーは食べられなくなりますが、海のもの、山のもの、生き物から、バランスよくエネルギーとしてとりこまなくてはなりませんね。

今日は夏至だそうです。一年で一番日が長い日のはずなんです。あいにくの雨で、実感することはできませんが。

また甘いかおりをただよわせる、くちなしの花が咲くころになりました。

でも最近、人工的な香りが過剰に氾濫しているとおもいませんか?

アロマカプセルが入った洗剤がヒットしているようですし。「天然の香り」と言われても、どこまで天然なんだか・・、と疑い深くなってしまいます。

ひとつひとつの香りは許せるとしても、閉じた空間で、いろいろな香りが混ざったものが昔からどうも苦手でした。いろんな種類の制汗スプレーの混じった更衣室とか。個性的な整髪剤の残り香ただようエレベーターの中とか。

おかげで、鼻を閉じて、においをかがないで、呼吸をする方法を身につけることができました。

ワタクシのことです。

メールのやり取り、ワード、エクセルの使用、簡単な画像の処理くらいはできます。つまり、日常、必要なことは身につけて、なんとか時代についていっているような気がしていました。

が、しかし!

ひとたび不具合が生じると立ち往生するしかありません。というか、最初のうちは不具合ということに気がつかないのでらちがあきません。もう、こうなると、「助けてくださ~い!」と詳しい人にすがらなければ、解決しません。

というわけで、2月にパソコンがこわれて、なんやかんやと作業して、新しくなったと思っていたら、不具合が見つかり、またまた初期化しなくてはなりません。永遠にこわれないパソコンをだれか、発明してくれませんかね。

ところで、プリンターも昨年末にこわれたので買い換えたのですが、ブラックインクの減りの速い事!たいした使用量ではないと思うのですが、1ヶ月そこそこでなくなります。半年分のインク代で、新しい複合プリンター1台買えちゃいますよ!

ただいま、太陽の前を、金星が通過中です。

一昨晩の部分月食は、残念ながら岡山地方、雲にかくれて観測でしませんでした。でも今日は、そろそろ入梅してもおかしくない時期なのに、快晴の良いお天気。天文ファンの人にも、にはかファンの人にも、絶好の観測日和です。

なにせ、今度この現象が観測できるのは105年後。今幼稚園くらいの子なら,105年後に見られる可能性もなきにしもあらず、というところですが、ほとんどの人は、最初にして、最後の経験です。

 

それから、今日はAKB48の総選挙の日・・・、なんて話題はガラッとかわります。なんと今年は生中継まであるんですね。私は、この1年でやっと露出の多い、上位10人くらいの顔と名前が一致してきました。これ以上は無理です。みんな同じ顔に見えます。

今の若い人たちは、ゲームで右脳を鍛えているので、微妙な顔の違いも、画像として記憶して区別がつくんですかね。私などは、100人以上の顔を覚えるより、「試験に出る英単語」(古い!)をまるまる覚える方がたやすいことのように思えます。

でも秋元さん、全員の顔と名前一致するんですかね・・・?

1

昨日一日、金環日食の話題で持ちきりでした。なにせ、日本の広範囲で観測できるのは、平安時代以来だそうですから。

残念ながら、わたしは観測用のグラスを買いそびれ、肉眼では見られませんでした。でも7時半ごろでしたか、強い日光が差しているのに、家の中が薄暗くなって、なんとも不気味な状態になり、今が日食のピークなんだなというのは感じました。

源氏と平氏の「水島の戦い」のさなか、この金環日食がおこったいうエピソードは耳にしていましたが、昨日、その戦った場所にたつ石碑の前で、観測した方がニュースに出ていました。

なんと、いつも水島に向かうときにわたる橋のそばなんですね。(厳密にいうと、今の地名は玉島のようですが。)

今は干拓されて、海岸ははるか沖の方ですが、当時はその辺りが海辺で、激しい戦いが繰り広げられていたのかと思うと、はるか昔の歴史の中の出来事が、俄かに身近に感じられるので不思議です。

今年は、天文ゴールデンイヤーだそうですから、次の天文ショーにも期待したいと思います。

五月といえば、薫風、初夏の日差し、つ~いついと飛ぶつばめ・・・、など浮かんできますが、なんと、全国的につばめの数が減少しているそうです。

そういえば、思い当たります。

以前は、朝から会社の前でも、えさを探し回るつばめが飛び交っていました。今年は、気温が低いから、つばめさんまだやってきてないのかしら・・・、と思ったりしていました。我が家のとなりの古い空き家も、何年も前のつばめの巣がありますが、もう4.5年来訪するつばめはありません。

原因としては、巣作りにかかせない土がある田んぼなどの減少、新しい家は壁がつるつるして巣作りに向かない、天敵のカラスの増加などがあげられるそうです。

ということで、我が家の壁も塗料がツルツルしているので、これじゃ巣は作れないな~、と感じる次第です。ごめんなさい、つばめさん。

もう少しすると、子つばめの飛行訓練が始まりますが、一生懸命飛び立とうとする姿がなんともかわいいのですが、それも見られなくなるのでしょうか。

 

東京スカイツリーのライトアップの点灯実験が昨夜おこなわれたそうです。

江戸紫色を表現した「雅」と、薄い青色でさっぱりした江戸っ子を表現した「粋」。どちらも、LEDを使用し、節電事情を意識してか、トーンも少し押さえめで、「大人の夜」を演出という色合いでとても素敵です。また、ネーミングが横文字ではなくて、「雅」と「粋」という漢字一文字がいいですね。

5月22日の開業に向けて、なにかと話題がつきないスカイツリーですが、当ストロー工房にも、開業時お客様に配りたいからということで、長い(45cm)のストローを作りました。どのような場面で渡されるのか、詳しいことはわかりませんが、受け取られた方、ことしはいいことがありますよ!(なんちゃって・・。)

山陽新聞の1面に掲載されている2色の写真から、紫と薄い青色の地色から白っぽい鉄骨が浮かび上がる様は、江戸切子のようだと感じました。デザインした方も、江戸切子をイメージしていたのかな。

しばらくは、入場券も手に入らないそうですから、ブームが一段落したころ、ゆっくりと見物に行って、ライトアップを実際に見てみたいものです。

 昨日の雨にも負けず、桜の枝は薄いピンクの花びらをまとっています。やっと満開をむかえた今年の桜。明日も天気予報は雨ですが、根性で枝にはりついていてもらいたいものです。

 今年特に感じたのは、海辺の桜は、咲き具合が遅いんですね。少し奥に入ったところの桜の方が咲きっぷりがよかったですよ。潮風が冷たいんでしょうか、例年以上に。

 しばらくブログをお休みしているあいだに、平成24年度がはじまりました。4月は、出会いと別れがつきもの、来る人行く人交々ですが、そこからまた新しい一歩がはじまることでしょう。

 ストロー工房も、ホームページ、少しリニューアルしました。ストローアートの画像も掲載しています。

 今年度もよろしくお願い申し上げます。

 

お気づきの方も多いかと思いますが、2012年は、例年より三連休が少ないんです。

「クリスマスから成人の日までよく休んだな~。次の三連休は・・・。」とカレンダーをめくると、ないじゃないですか!三連休。次々めくると、9月の秋分の日、11月の文化の日も、土曜日と重なり、ただの二連休。

 

三連休だと、小旅行にもいけますし、遠出しないまでも、ちょっと出かけようか、という気になりますし。これだけ、三連休が姿を消すと、ただでさえ不景気風が吹いているのに、旅行業界も痛いところでしょうね。

しかし、昔とちがい、同じ時にいっせいにレジャーに動く、という行動パターンも変わってきているでしょうし、日本人のみなさん、ことしはそれぞれのペースで、よく働き、よく遊びましょう!

 例年なら、クリスマス前のこの時期、町内でも、何軒かイルミネーションを飾っている家があるのですが、今年は見当たりません。節電されているのでしょうか?

 湯たんぽ、カイロ、モコモコのくつした・・・。もろもろの節電グッズが並んでいますが、私など、以前から愛用しています。
 足が冷える、という方にいい情報です。靴下の重ねばきです。それも5本指。まず、シルクの五本指。その上にウールの5本指。その上にウールのふつうの靴下。

 これだけはけば、かなりあったかいですよ。注意点は、一番外の靴下は、少々大きめのものにしてください。また、靴下をぬいだ後は、足指をマッサージして、ほぐしてあげてくださいね。

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

アーカイブ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31