広島弁

今、テレビドラマで広島弁を耳にすることがよくあります。

NHKの朝の連続ドラマ「マッサン」と、TBSの日曜夜の「流星ワゴン」。

 

広島県と岡山県は、隣同士なので、語尾は多少変化したりしますが、よく似ています。

大阪でも北海道でも、ひたすら自分の理想を広島弁で主張するマッサンと、迫力ある広島弁で傍若無人にふるまうお父さん。

 

「仁義なき戦い」でもそうでしたが、広島弁というのは、存在感を際立たせるには、ぴったりの方言のようです。

でも、広島弁をしゃべる人がみんながみんな、恐くてガサツな人じゃありませんよ~。

 

また「流星ワゴン」は鞆の浦とみろくの里でもロケがされていたようで、見たことのある風景が出て、親近感を感じました。

鞆の浦と寄島町は、似通った雰囲気がただよう町ですからね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://straw-kobo.co.jp/mt/mt-tb.cgi/305

コメントする

アーカイブ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31