ストロー業界

 ストロー工房は、13日から16日まで、お盆休みとさせていただきます。
 週明けの17日から営業いたしますので、よろしくお願いいたします。

 もう、お盆休みの入っている方も多いかと思いますが。今年の夏は、災害のニュースが続いて、それどころじゃないワ、という状況の方もいるのではないかと思います。
 どうか、これ以上、暗い話題がつづきませんように、と祈るばかりです。

 困難がおこったときは、一休みして、深呼吸して、おいしいものを食べて・・・。副交感神経の働きを活発にして、リラックスしましょう。そうすれば、いい明日への活力も生まれてくるかもしれません。それでは、また・・・。

 最近、お問合せが増えているのは、タピオカ用ストロー。当社では、口径9ミリと10ミリのタピオカストローを製造しています。
 業務用に、お得なカートン販売もしています。
 Ф9×210ミリ、透明・・・・・・・・・・2,200本入り  4,400本入り
 Ф10×210ミリ、透明、赤、黒、緑・・・1,750本入り  3,500本入り 

 価格の方は、お問合せくださいませ!

ホームページを開設しておよそ10ヶ月になりました。ご注文やお問合せいただきありがとうございます。ストローを多種多様な用途でお探しの方が多いというのがわかりました。必要なときに必要なものを必要なだけほしいというお客様が多いというのもわかりました。製造メーカーとして、いろんなご要望にできるだけお答えしたいという気持ちはもちつづけているのですが、ストローの機械は大量生産用の機械ですし、極小ロットのお客様には、なかなか対応できない現状でもあります。
 そこで、状況を整理して、できる範囲でお客様のご要望にお応えしていこうと考えています。
 まだまだ1年生のストロー工房です。未熟な点も多いかと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。

 今日から新年度が始まりました。平成17.18年度は原油・原料高騰に振り回された2年間でした。これは何もストロー業界に限らず、いろんな方面で大きな影響があったのは皆さんもご存知だと思います。弊社のような会社でも、社長は毎朝新聞の経済面を読んで「う〜ん・・」とうなっております。世界情勢の大きなうねりはどうしようもないですからね。
 バイオマスの原料の世界も変化しているようです。とうもろこしもエタノール燃料にするというアメリカの一声で高騰しているようです。先のことは全く読めません。
 まあ、愚痴を言っていてもしかたないので、こつこつ、ものづくりに励むしかありません。あとは、庭でも掘って見ましょうか。油田でも発掘されませんかねー。

お問い合わせメールをたくさんいただいておりますが、中にはご要望にお応えできなくて心苦しく思っています。
 1つには、ご希望のサイズに機械が対応できないということです。本来がストローメーカーですので数センチの太いものなどは難しいのです。
 2つ目は、押出製造ですので、あまりに少ないロットには対応できかねるという点です。本来飲料の世界では最低でも数十万本・・・といった状況でしたが、現在の多品種小ロットの現在では、状況に応じてお受けしています。ただ、ロットが少なくなれば、単価は高くなります。その点をふまえてお問い合わせいただければと思います。
 しかし、1つずつ、皆様のご要望にお応えできるように努力していきたいと思っています。よろしくお願いします。

設立月日

 当社の会社概要を見ていただければわかりますが、設立月日が2月29日なんですね。すごく渋い選択だと思いませんか。誕生日ではないので「4年に1度じゃいやだ!」なんてことはないでしょうが・・。当時の社長がちょっと変わり者だったのか、有名占い師に「この日がいいですよ!」といわれたのか。50年以上も前のはなしなので、今となっては知る由もありません。
 確かなのは、設立記念日は来年の2月29日までおあずけということです。

アーカイブ

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31