今回ご紹介するのは、池田 翠様のストローアート作品です。

池田様はストロー工房の、Ф6×210のカラーバリエーションに興味をもたれてお問い合わせいただきました。残念ながら、今日ご紹介すのは、ストロー工房のストローを使用した作品ではありません。

でも、とてもイマジネーションをかきたてるような作品なので、ご紹介します。

polygonal1s.jpg

polygonal2s.jpg

polygonal5s.jpg

ストローで作られた作品とはとても思えないですね。

興味をもたれた方は、池田様のホームページにアクセスしてみてください。ストローだけでなく、他の素材を使った作品もありますが、あえて、イマジネーションしてもらうため、素材を明かさないそうです。

http://www.midoriikeda.com

ストロー工房こと中備化工は、「2012おかやま発クールビズ宣言」に参加しました。

地球温暖化防止の推進と、ことしは、電力不足が早くから心配されていますから、消費電力を減らすことはとても意義深いことです。

と宣言すると、なんだか大げさですが、難しいことではありません。事務所の冷房を28度以上にするとか、グリーンカーテンを利用して日差しをさえぎり、消費電力を減らすとか。多くの方が実行していることです。

当社では、工場内は、機械の熱もありますし、決められた制服を着用しなければならないので、冷房温度もあまりあげられませんが、製造に関わってないところでは協力しようと思い参加しました。

 

申し込みの番号は212。もうそれだけ多くの企業が賛同し参加しているということですね。

ものづくりにおいて、電力ってとても重要なんですよ。安定した電力が供給されないと、安定した品質のものは製造できません。ですから、当社でできることはわずかですが、協力していきたいと思います。

それと、生分解性ストローも、CO2排出削減に効果があります。もっと注目してもらいたいですね。

昨日一日、金環日食の話題で持ちきりでした。なにせ、日本の広範囲で観測できるのは、平安時代以来だそうですから。

残念ながら、わたしは観測用のグラスを買いそびれ、肉眼では見られませんでした。でも7時半ごろでしたか、強い日光が差しているのに、家の中が薄暗くなって、なんとも不気味な状態になり、今が日食のピークなんだなというのは感じました。

源氏と平氏の「水島の戦い」のさなか、この金環日食がおこったいうエピソードは耳にしていましたが、昨日、その戦った場所にたつ石碑の前で、観測した方がニュースに出ていました。

なんと、いつも水島に向かうときにわたる橋のそばなんですね。(厳密にいうと、今の地名は玉島のようですが。)

今は干拓されて、海岸ははるか沖の方ですが、当時はその辺りが海辺で、激しい戦いが繰り広げられていたのかと思うと、はるか昔の歴史の中の出来事が、俄かに身近に感じられるので不思議です。

今年は、天文ゴールデンイヤーだそうですから、次の天文ショーにも期待したいと思います。

本日ご紹介するのは、ストローアートとは違いますが、いつもホームページなどでお世話になっている(有)ミト・ワークスの大塚様からお寄せいただいた動画です。

この動画は、岡山プライマリ・ケア学会が「ICF(国際生活機能分類)の考え方」と「地域連携パス岡山」の利用促進の説明のために製作しました。

この中にストロー工房の黒のストローも登場しますよ。超脇役ですが。

 

「ICFてなあに」

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=Bp-q4WJfmts

 

五月といえば、薫風、初夏の日差し、つ~いついと飛ぶつばめ・・・、など浮かんできますが、なんと、全国的につばめの数が減少しているそうです。

そういえば、思い当たります。

以前は、朝から会社の前でも、えさを探し回るつばめが飛び交っていました。今年は、気温が低いから、つばめさんまだやってきてないのかしら・・・、と思ったりしていました。我が家のとなりの古い空き家も、何年も前のつばめの巣がありますが、もう4.5年来訪するつばめはありません。

原因としては、巣作りにかかせない土がある田んぼなどの減少、新しい家は壁がつるつるして巣作りに向かない、天敵のカラスの増加などがあげられるそうです。

ということで、我が家の壁も塗料がツルツルしているので、これじゃ巣は作れないな~、と感じる次第です。ごめんなさい、つばめさん。

もう少しすると、子つばめの飛行訓練が始まりますが、一生懸命飛び立とうとする姿がなんともかわいいのですが、それも見られなくなるのでしょうか。

 

東京都昭島市にある介護老人保健施設「アゼリア」様から画像届きました。

作品の前に作業風景をご覧ください。

 

seisaku.JPG

 

なんだか、色えんぴつやはさみなど、小道具をたくさん用意して真剣に作業されていますね。、

「テーマはどなたが決めるのですか」と質問しましたら、「職員が決める場合もありますが、これを作りたいという希望があれば、それを聞いて準備もします。」とのことでした。

手先も右脳も使って、これは脳トレにかなり良さそうです!

 

 

kadomatu.JPG

「門松」 今年のお正月明けに作られたものです。

 

ume.JPG

「梅」

 

sumire.JPG

「すみれ」

 

budou.JPG

「ぶどう」

数々の力作ありがとうございました。どれも色合いが明るくて、気持ちも明るくなるような作品に仕上がっていますね。それをお手伝いしているストロー工房のカラーバリエーションもなかなかですね!

これからもがんばってください!

 いよいよゴールデンウィーク直前、お天気が気になるところですが、前半の3連休は、晴れていいお天気になりそうです。

 この春は、花も遅れ気味でしたが、ここにきて藤の花もうすむらさきに色づき始め、ハナミズキも膨らみ始め、また、ふと庭を見ると小雨の中、ボタンも2.3輪、開花していたではありませんか。

 何とか連休にあわせようとして、花も急いで咲き始めたようです。せっかくだから、多くの人に見てもらったほうがいいですものね。

 

 さて、ストロー工房は、連休中、土日祝日は、カレンダーどおりお休みとなります。5月1日、2日は営業しています。

 やっと行楽シーズン、冷たいドリンクがおいしい季節になりましたね。

東京スカイツリーのライトアップの点灯実験が昨夜おこなわれたそうです。

江戸紫色を表現した「雅」と、薄い青色でさっぱりした江戸っ子を表現した「粋」。どちらも、LEDを使用し、節電事情を意識してか、トーンも少し押さえめで、「大人の夜」を演出という色合いでとても素敵です。また、ネーミングが横文字ではなくて、「雅」と「粋」という漢字一文字がいいですね。

5月22日の開業に向けて、なにかと話題がつきないスカイツリーですが、当ストロー工房にも、開業時お客様に配りたいからということで、長い(45cm)のストローを作りました。どのような場面で渡されるのか、詳しいことはわかりませんが、受け取られた方、ことしはいいことがありますよ!(なんちゃって・・。)

山陽新聞の1面に掲載されている2色の写真から、紫と薄い青色の地色から白っぽい鉄骨が浮かび上がる様は、江戸切子のようだと感じました。デザインした方も、江戸切子をイメージしていたのかな。

しばらくは、入場券も手に入らないそうですから、ブームが一段落したころ、ゆっくりと見物に行って、ライトアップを実際に見てみたいものです。

富士ケミカル(株)ラクリエを使用してストロー工房が製造した生分解性ストローが日本バイオプラスチック協会(Japan BioPlastics Association:JBPA)のグリーンプラマークとバイオマスプラマークの認証を受けました。

これからも環境に優しく、安心安全な製品をお届けしてまいりたいと思っています。

⇒生分解性ストローの詳細はこちら

 昨日の雨にも負けず、桜の枝は薄いピンクの花びらをまとっています。やっと満開をむかえた今年の桜。明日も天気予報は雨ですが、根性で枝にはりついていてもらいたいものです。

 今年特に感じたのは、海辺の桜は、咲き具合が遅いんですね。少し奥に入ったところの桜の方が咲きっぷりがよかったですよ。潮風が冷たいんでしょうか、例年以上に。

 しばらくブログをお休みしているあいだに、平成24年度がはじまりました。4月は、出会いと別れがつきもの、来る人行く人交々ですが、そこからまた新しい一歩がはじまることでしょう。

 ストロー工房も、ホームページ、少しリニューアルしました。ストローアートの画像も掲載しています。

 今年度もよろしくお願い申し上げます。

 

前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

アーカイブ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31