中備化工


ストローブログ :ストローアート作品事例

 >   > ストローアート作品事例

動画「ICFてなあに」

(2012年05月18日)

本日ご紹介するのは、ストローアートとは違いますが、いつもホームページなどでお世話になっている(有)ミト・ワークスの大塚様からお寄せいただいた動画です。

この動画は、岡山プライマリ・ケア学会が「ICF(国際生活機能分類)の考え方」と「地域連携パス岡山」の利用促進の説明のために製作しました。

この中にストロー工房の黒のストローも登場しますよ。超脇役ですが。

 

「ICFてなあに」

http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=Bp-q4WJfmts

 


「アゼリア」様の作品です。

(2012年04月26日)

東京都昭島市にある介護老人保健施設「アゼリア」様から画像届きました。

作品の前に作業風景をご覧ください。

seisaku.JPG

なんだか、色えんぴつやはさみなど、小道具をたくさん用意して真剣に作業されていますね。、

「テーマはどなたが決めるのですか」と質問しましたら、「職員が決める場合もありますが、これを作りたいという希望があれば、それを聞いて準備もします。」とのことでした。

手先も右脳も使って、これは脳トレにかなり良さそうです!

kadomatu.JPG

「門松」 今年のお正月明けに作られたものです。

ume.JPG

「梅」

sumire.JPG

「すみれ」

budou.JPG

「ぶどう」

数々の力作ありがとうございました。どれも色合いが明るくて、気持ちも明るくなるような作品に仕上がっていますね。それをお手伝いしているストロー工房のカラーバリエーションもなかなかですね!

これからもがんばってください!


ストローアート作品 「龍馬伝」「希望の光」

(2012年02月03日)

佐賀県にある嬉野市立塩田中学校からの新着画像をご紹介します。

平成22年度の製作された「龍馬伝」

ryouma.sio.JPG

下絵は写真をパソコンに取り込んで、計算しているのでしょうか?

龍馬さんも福山さんもとてもよく似ています。

nadesiko.sio.JPG

なでしこジャパンと被災地の児童の笑顔をモチーフとした、「希望の光」

まさに平成23年度にふさわしい題材です。

緻密に準備して指導されている先生方と、みんなで力をあわせてひとつの作品を制作していく生徒さんたち。

そういう姿がにじみ出ている作品です。ありがとうございました。


ストローアート作品 「ドルフィン」

(2012年02月03日)

2009年にお寄せいただいた、佐賀県にある嬉野市立塩田中学校の当時の1年生の生徒さんたちによる作品です。

文化発表会に展示するために製作された作品だそうです。

製作の過程はといいますと、

1.ストローを5mmの長さに切る(手作業で)

2.すずらんテープに、決められた色の順番に1つずつ通していく

3.テープを木枠に固定する

iruka.sio.JPG

塩田中学校さんにも、ストロー工房のФ6×210mmのカラーバリエーションの中からお届けしています。

それを5mmにカットするところから、かなり細かい作業になるかと思います。

担任の高園先生から、「子どもたちは一心不乱に、且つ丁寧に作業に取り組みました。」とのコメントをいただいていますが、その通りだと想像できます。

ありがとうございました。


ストローアート作品

(2012年02月02日)

今回も、東京都昭島市にある、介護老人福祉施設「アゼリア」様から、2011年8月お寄せいただいた作品です。

ストロー工房からお届けするストローは、長さ210ミリですから、それを短くカットして作品に必要な色を準備するのは、かなりの手間ではないかとそうぞうできます。

でもきっと、お年寄りの方たちが楽しいひと時を過ごせるように、スタッフの皆様は一生懸命なんでしょうね。

そんな温かさが伝わってくるようで、アゼリアさんの作品が大好きです。

上から、「はんてん」「つくし」「つばき」「にわとり」

hanten.az.JPG

この半纏のデザインは斬新です!お祭り好きのおじいちゃんでもいたのかな?

tukusi.az.JPG

tubaki.az.JPG

niwatori.az.JPG

季節感あふれるものもあり、ポップアート感覚のものもあり、力作揃いです。

ありがとうございました。



<<前へ 1  2  3  4