本日をもって、井笠鉄道がバス事業から撤退するとのこと。3週間ほど前に、このニュースが流れて騒然としました。

 

子供のころから見慣れた白地にエンジのラインの入った井笠バス。

寄島町にもバスステーションがあり、JR里庄、鴨方、笠岡、玉島方面に路線がありました。

しかし・・・。近年、走るバスをのぞいても、乗客は多くて2.3人とか。車体も古く、なだめなだめしながら、走っているのだろうな、補助金が頼りなんだろうな、とは思っていました。

 

振り返ってみると、最後にバスに乗ったのは、何年まえだっけ・・。

 

普段はマイカーを運転しているので、バスを利用することはほとんどないのですが、路線バスが走っているというのは、どこかで大きな安心感になっていました。

でも、そんな安心感のバックアップだけでは、維持できないのは当然のことですよね・・・。

 

長い間ありがとう、そして、お疲れさまでした。

新米がおいしい季節になりました。

先日思い切って、某T社の「土鍋圧力IH炊飯器」というものを購入しました。

 

いや~おどろきました。

同じお米でも、炊飯器でずいぶん味が変わるものですね。歯ごたえとか、お米の弾力とか。おそれいりました。

炊飯の途中も、「ゴ~」という音をたてたりして、圧力がかかってるナ、という感じです。

炊飯器にしてはかなりのお値段だったのですが、お米は毎日食べるものですから、満足満足です。

 

これだけごはんがおいしいと、おこわや、炊き込みごはんなど、いろいろ作ってみたくなりました。

あっ、でも、松茸ごはんには、今年も縁がなさそうです・・・。夏の猛暑と雨不足で、今年は、超不作ということです。

次回のご対面はいつのことになるやら。

中国の春秋航空、高松ー上海間の運賃だそうです。

もっとも、10月18日から12月20日までの間、毎便50席が上限だそうですが。一昔前は、そんな料金で飛行機に乗られるなんて、思いもよらなかったことです。

 

それにしても、昔に比べて、何もかも安くなりました。

テレビなどの電化製品、衣服、靴、めがね、外食の価格。そしてストローも。

 

生産国は、中国、インドネシア、ベトナム、etc。

消費者としては、安く買えるというのはありがたいことではありますが。

でも、ジワジワと自分で自分たちの首をしめているのでしょうね。

 

昔の人は、「ただほど怖いものはない」と、いさめていましたが・・・。

明日、明後日は、寄島町にある、大浦神社の秋祭りです。

大浦神社のお祭りは、450年もの歴史があるのですが、中でも競馬神事が有名です。戦国時代に、祭礼の式列に参加させる神馬を選ぶために、地頭や領家に競馬を行わせたのが発端を言われています。

 

境内で12回の競馬を行い、どちらの馬が勝ったか決めます。

広いとは言いない境内、見物客や素人カメラマンが押し合いへし合いの中、ロープで区切られた馬場を走り抜けて行きます。馬が走るのを間近で見る機会は少ないので、とても迫力があって、希少なお祭りです。

 

また、数年前から、その年の勝ち馬をお守りにした、「勝守り」が大浦神社で売られています。

お正月に初詣にいくと並んでいるので、受験生などに上げると喜ばれます。

ときには、自分用に買ったりもするんです。だって、この世の激しい荒波を、勝ち馬に乗って乗り越えたいではありませんか!

 

このところ、カラッとした晴天が続いて、日中は暑いのですが、朝晩は涼しくやっとしのぎやすくなりました。

あかとんぼが低い空中で群れて飛ぶすがたをみかけるようになり、季節は確実にすすんでいることを感じます。

 

あさっては、中秋の名月で、きれいなお月様が見られると期待していたのですが・・・。

なんと、台風の影響で、土、日と、くもりや雨になってきているではありませんか。

 

観月会や、お茶会など、いろんなところで催しが予定されていることでしょうに。

どうして三連休や週末になると、台風がやってくるんでしょうね。

 

せめて、大きな被害がでないことを祈っています。

先日もご紹介した、KOMADE工房、石本様の作品、ドラゴンVol.2です。

とてもダイナミックですので、Ф6mmのストローで作っているように見えません。

アゲアゲの勢いがあっていいですね。なんだか今の日本、ザワザワ、ジメジメしているので、日本中のパワースポットに、このドラゴンを飾ってお払いをしたい気がします。

doragon2.jpg

岡山の名産といえば、桃にぶどう・・・。おいしい果物の実る土地でもあります。

夏から秋にかけては、桃→ぶどう→なし→いちじく→くり。ぶどうやなしは種類もいろいろあり、順番にあれもこれも食べたくなります。

 

品種改良の成果で、どれも糖度が高くておいしくなりました。

 

今年久しぶりにキャンベルを一房もらってたべました。今のピオーネや、シャインマスカットに慣れた口には、すっぱくて種もあってめんどくさいのかもしれませんが。そのせいか、スーパーでキャンベルを見かけることもなくなってきましたよね。

でもね、私が子供のころ、ぶどうといえば、すっぱくて種があるものだったんですよね。「すっぱい!でも懐かしい!」と、肉厚の皮ごと口に入れて、郷愁にかられながら味わったのでした。

先日ご紹介したあめ細工師の岡西孝夫様の詳しいホームページを見つけ、なんとその中で、あめ細工の工程を動画で見られるので、ここにご紹介したいと思います。

 

キャラクターものを作るときは、やはり、目とか口とかありますから、とても細かい作業になるようですね。

いろいろな道具もならんでいて、職人さんの作業場という風情です。

  www.geocities.jp/takao5614/

 

食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、ということで、なにか手仕事をしてみたくなりませんか?

 

このようなものづくりは、日本を大きく変えるとかいった類のものではないかもしれませんが、日本人の感性と伝統を伝えていくという観点から、次の世代にも、受け継がれていってほしいものです。

ストローアートとは少し違うのですが、今日は京都の岡西孝夫様が作ったあめ細工をご紹介いたします。

あめの持ち手に使われているのが、当ストロー工房のストローです。数年前に、岡西様にお作りしたのですが、今回再度ご注文ということで、前回のストローと、あめ細工を送ってくださいました。

岡西様のホームページを拝見すると、「還暦すぎてのあめ細工挑戦」ということでした。かなり苦労して、研究して、下のようなあめ細工が完成したそうです。

小さな子供たちがとても喜びそうなあめ細工の数々。もうひとつパンダもあったのですが、残念ながら、到着したときは、顔の部分がはそんしていて、修復を試みたのですが、私の不器用さが災いして、お披露目できませんでした・・・。

このような細工のものを作ったり、ストローでアート作品を作ったり、日本人って、本当に細かい仕事をされる方が多くて、感性も細やかなものを持っているのだと、つくづく感じます。

これからもお元気で!ずっとあめ細工を作り続けていってほしいと思います。

ame2.JPG

ame3.JPG

今日ご紹介するのは、KOMADE工房 TAO様の作品です。

先日、ストロー工房のФ6×210ミリのカラーバリエーションをお届けしたら、早速、龍の作品の画像を送っていただきました。

TAO様の作品は、とても力強くて、いろんな動物や昆虫を作っておられますが、生き生きして、動き出してしまうのではないかと思います。

doragon.jpg

ちなみにTAO様は、ストローアートを生業としていて、いうなれば、プロのストローアーティストという方です。

う~ん、やっぱり、はさみの入れ具合が、「プロの技」という印象です。

興味をもたれた方は、ホームページを覗いてみてください。

  http://ストローアート.com/

新しい作品が出来上がったら、また画像を送ってくださるそうです。ご紹介しますね。お楽しみに!

前の10件 4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

アーカイブ

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31